スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フコク生命チャリティコンサートin富山

7月6日、7日は恒例のフコク生命チャリティコンサート。今回は富山に行ってきました。

1468071243377.jpg
5日の夕方、すでにフルコン1台を積んだトラックが渋谷に到着しもう1台サロンから小型のグランドピアノ(スタインウェイM型)を積み込み。荷台は数センチの隙間も無いくらい、2台のピアノが絶妙にかみ合って積まれています。

社長のFM収録が終わるのを待ってようやく出発。渋谷から富山は400キロちょっと、6時間ほどの道のりです。
珍しく中央道経由で行きましたが順調に到着!

翌6日は富山県民会館でホール公演です。今回は2台ピアノの公演だったので持ってきたフルコンの方を搬入してホールのピアノとの2台でのコンサートとなります。
1468071286710.jpg

こちらのホール、2011年にも同じチャリティコンサートで来ていました。→こちら
昨年1年かけて耐震工事&改装をしていたそうで外観も楽屋も座席も凄くきれいになっていました。座席の色も前とは違いますね。
リハーサルをしながらピアノの位置を何度か動かし、ベストな位置を探っていきます。
社長は翌日からレコーディングのため本番中に帰京…。次の日の訪問演奏は私が責任を持たなくてはいけないので、位置決めの仕方などもしっかり教えてもらいました。
1468071507297.jpg
中井さん、武田さんは相変わらず息の合ったパワフルな演奏でお客様も大喜び。
ロビーでは地元の福祉施設で作られた商品の販売も行われており(いつも楽しみにチェックしているのです)、色々買ってしまいました。

いよいよ7日、朝7時半に富山視覚支援学校にピアノを2台搬入。
1468075653737.jpg
フルコンにMを合わせながら調律。
体育館がなかなかの暑さだったのでせっかくエアコンで冷やしながら来たものの、とくにMの方が温度変化の影響を受けてしまったりしてリハーサル後にも直し。社長はいつもさらっとしか直しもせずにばっちり合っているのに同じようにはいかないものだな~と思ったりしながら結構必死でした(笑)   

1468071408291.jpg
コンサートの中では演奏中に子供たちがピアノの下にもぐったり、ピアノに触れたりしながら聴ける曲もありました。
こうやって全身で音を感じてもらうことができるのも、ホール公演ではできない訪問演奏の醍醐味だなと思います。
搬出も滞り無く済み、帰りも順調に戻って来ました。渋谷で2台のピアノを下ろし、思ったより早く着いたので工場にトラックを戻し長~い一日終了。

数日前から一応プレッシャーは感じていたようで、お腹が壊れたり蕁麻疹がひどくなったりしていたのですが、ようやく肩の荷がおりてすっかり復活しました。こういう経験も一つずつ積み重ねて次につながっていくものだと思います。本当に周りの色々な方に感謝感謝です。
(K)

6.19を振り返る

あの、6.19コンサートからあっという間に2週間が経ってしまいました。
梅雨はどこへ行ってしまったのだろうか??というような暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?

1467559956542.jpg

今回もコンサートの後、多くの方から驚きや喜び、時には感謝の言葉を頂きました。今思い返しても他ではできない最高のコンサートになって本当に良かったな…と振り返りながら私たちスタッフも最新CDをリピートしまくって聴いております。
とてもたくさんの感想や有難い言葉を頂きましたが、毎年この6.19コンサートに来て下さっている方が今年も素敵な写真と文章でこの日のことをブログにまとめて下さっているのでリンクを貼らせて頂きます。(許可を頂きましてありがとうございました)
皆様、ぜひご覧になってまた思い出して下さいね。

ブログはこちらへ

1467559969560.jpg
同時に、次回を期待される声もたくさん頂き、とてもありがたく思っています。
(プレッシャーではありますが(笑))また皆さんに興奮して頂けるようなコンサートができるように頑張らなくては!!と思っています。

発表会のお手伝い

今日の仕事は、松濤サロンでご年配の先生方の合同発表会のお手伝いでした。

コーラス有り、ピアノソロ有り、楽器とのアンサンブル有りと多彩な内容で、その内の何曲かを伴奏をされていたお一人の先生が演奏後に「私は今年85歳!」とお話されたときは非常に驚きました!
さらにソロで歌を披露された主宰の方が最後にご挨拶をされたときに「今年卒寿を迎えました!」とおっしゃられた時にはひっくり返りそうなりました!!!
他にも同年代と思われる方々がショパンのプレリュード「雨だれ」を演奏されたり、ビートルズを歌われたりと、どなたも背筋をピンと伸ばしスタスタと歩き、見事に演奏をされていましたので、まさかの年齢は本当に驚きと衝撃でした。

老化現象で関節が痛いとなどと嘆いている私はまだまだひよっこでしょうか??
社長もこの先生方の年齢までは20~30年ありますので、まだまだ頑張ってもらえるということですね(笑)。
(N)

江口玲 新CD発売!!

6月19日に発売された江口玲の最新CD「THE BEST OF LIVE 6.19」がタカギクラヴィアのHPからも買えるようになりました!
詳細はこちらへ

6.19 江口玲 ピアノリサイタル

今日はトッパンホールでの江口さんのリサイタル。

CD75が日本に来てもう5年。毎年このピアノの誕生日である6月19日に開催してきたこのコンサートシリーズも今回で5回目となりました。
今年は1部がオールショパンのプログラム、2部は干野さんとの2台ピアノで様々な狂詩曲が演奏されました。

昼過ぎ、2台のトラックでピアノを搬入。
1466432521743.jpg
今回、某テレビ局の取材も入っていました。放送日が決まり次第、また告知させて頂きます!

お忙しい江口さん。大学での公開試験を終えられた後、皆が待ち構える中ようやく到着されすぐにリハーサルに入られました。
1466432668420.jpg
1部は2台のピアノをこのような形で並べ、英雄ポロネーズやバラードはCD75で、ノクターンとスケルツォはローズウッドで…と曲ごとに弾き分けられました。CD75とローズウッドの特徴や違い、お互いの良さがとてもわかりやすく、圧巻の演奏。

1466432610784.jpg
そして2部は干野さんと5曲の狂詩曲を。

毎年のことながら、終演後にホールから出て来られたお客様のとても嬉しそうな表情を見て、私たちも嬉しくなったりホッとしたり、本当に幸せな気持ちになりました。

1466432638170.jpg
こちらもリハーサル中の江口さん。

1466432711772.jpg
有難いことに今年もチケットは完売!私たちスタッフは舞台袖やロビーのモニターで本番の様子を窺っていました。

1466432721562.jpg
本日発売の最新CDも多くの人に買って頂き、終演後のサイン会は長蛇の列。
昨年までの4年間の619コンサートシリーズで演奏された曲の中から選りすぐりの楽曲を集めた贅沢なライブ録音CDとなっています。
コンサートとともにこのCDも、聴かれた皆様の感想が楽しみです!



プロフィール

タカギクラヴィア スタッフ

Author:タカギクラヴィア スタッフ
ようこそ!スタッフ日記へ。
コンサート・調律・修理などの日々の私たちの仕事のことや
カフェの情報・お知らせを綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。