6.19 江口玲 ピアノリサイタル

今日はトッパンホールでの江口さんのリサイタル。

CD75が日本に来てもう5年。毎年このピアノの誕生日である6月19日に開催してきたこのコンサートシリーズも今回で5回目となりました。
今年は1部がオールショパンのプログラム、2部は干野さんとの2台ピアノで様々な狂詩曲が演奏されました。

昼過ぎ、2台のトラックでピアノを搬入。
1466432521743.jpg
今回、某テレビ局の取材も入っていました。放送日が決まり次第、また告知させて頂きます!

お忙しい江口さん。大学での公開試験を終えられた後、皆が待ち構える中ようやく到着されすぐにリハーサルに入られました。
1466432668420.jpg
1部は2台のピアノをこのような形で並べ、英雄ポロネーズやバラードはCD75で、ノクターンとスケルツォはローズウッドで…と曲ごとに弾き分けられました。CD75とローズウッドの特徴や違い、お互いの良さがとてもわかりやすく、圧巻の演奏。

1466432610784.jpg
そして2部は干野さんと5曲の狂詩曲を。

毎年のことながら、終演後にホールから出て来られたお客様のとても嬉しそうな表情を見て、私たちも嬉しくなったりホッとしたり、本当に幸せな気持ちになりました。

1466432638170.jpg
こちらもリハーサル中の江口さん。

1466432711772.jpg
有難いことに今年もチケットは完売!私たちスタッフは舞台袖やロビーのモニターで本番の様子を窺っていました。

1466432721562.jpg
本日発売の最新CDも多くの人に買って頂き、終演後のサイン会は長蛇の列。
昨年までの4年間の619コンサートシリーズで演奏された曲の中から選りすぐりの楽曲を集めた贅沢なライブ録音CDとなっています。
コンサートとともにこのCDも、聴かれた皆様の感想が楽しみです!



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

素晴らしかったです!

聴かせて頂きました。
6.19シリーズは反田さんとの共演の時から二回目です。
江口さんの抜群の安定感とエネルギッシュな演奏が大好きで今回も本当に堪能させて頂きました。

しかし、今回の大きな収穫は干野宜大さんという素晴らしいピアニストを知る事が出来た事でした。
二台の名器を多彩に操り、圧倒的なテクニックと豊かな音楽性を見せつけられ、リストの演奏の後は拍手するのも忘れて唖然としてしまいました。会場の異様な雰囲気を忘れる事が出来ず今も興奮が冷めません。
まさに、ホロヴィッツのピアノを弾く資格を持った稀有なピアニストだと感動しました。

素晴らしい企画をどうもありがとうございます!
出来るだけ、干野さんを聴ける企画を増やして下さいましたら本当に嬉しく思います。

Re: 素晴らしかったです!

ありがとうございます!!
江口さん、干野さんお二人とも本当に素晴らしかったですね。
またこちらでもコンサートの告知もさせて頂きますので、ぜひお越しください!
プロフィール

タカギクラヴィア スタッフ

Author:タカギクラヴィア スタッフ
ようこそ!スタッフ日記へ。
コンサート・調律・修理などの日々の私たちの仕事のことや
カフェの情報・お知らせを綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR